読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドンムアン空港で購入するSIMカード(AIS DTAC TRUE)

ドンムアン空港(DMK)でもすぐにネット接続を LCC専門の空港として再び活況を呈してきたドンムアン空港、その利便性は日を追う毎に増して来る。 増加率で見れば一ケタ台のスワンナプーム空港をはるかに凌ぎ、それゆえ入国審査なども混みあうようになってき…

【バンコクBTS(スカイトレイン)に乗る】その路線図と簡単な乗り方

バンコクの高架電車BTSとは いまやバンコクの都市交通として欠かせない存在になったBTS・スカイトレイン。 とくに地理に不慣れな外国観光客にはまことにありがたい乗り物だ。 路線もシンプルなのですぐに慣れるだろう。 そこでせっかくなのでこのBTSを便利に…

タイ・バンコクでiPhone7の販売日決まる-それと【タイ・モバイルエキスポ2016】

iPhone7の予約販売開始 タイでもいよいよ3大携帯キャリアのAIS・DTAC・TRUEから販売されるようだ。すでに予約販売の事前登録を開始した模様。 機種はiPhone7とiPhone7 PLUSで予定では10月21日から販売される。 SPONSOR LINK //

バンコクドゥシット病院「BDMS」がスイスホテル買収にでる

バンコク・ドゥシット・メディカルサービス 「BDMS」 (BANGKOK DUSIT MEDICAL SERVICES) 私立病院最大手のバンコクドゥシット病院が、ウィッタユ通りにある「スイソテル・ナイラートパーク」の土地・建物を買収すると発表。 土地面積は24,000平方メートル…

お披露目走行!「MRTパープルライン」-駅ホームと車内案内

MRT パープルライン試乗会 2016年6月 8月12日の母の日にオープン予定のパープルラインが乗客を乗せて、無料の試走行を行ったようです。 予定ですと6月~7月の間はお試し期間となるはずです。 この新しいライン、パープルラインは地下ではなくMRT初の地上走行…

ドンムアン空港に近いパープルラインとブルーラインのこれから-【タイ】

MRT パープルライン 2016年 ドンムアン空港に近いパープルライン パープルラインが開通することによりノンタブリー県(バンコクの隣り)からバンコク都心部へのアクセスが容易になるようです。これは埼玉から東京に乗り入れるようなことでしょうかね。 < 20…

バンコクMRTの新しい高架鉄道パープルライン開業間近

MRTパープルライン バンコク北部のバンスーと北西郊外のバンヤイ(ノンタブリ県)を結ぶパープルラインの試走行が5月10日に行われたようです。 一般客の試乗は:6~7月 正式開業は :8月らしいです。 運賃は16~40バーツとのこと。 オヤジばかりでむさい試乗…

LINEの配送サービス「LINE MAN」がスタート-【タイ】

LINEの配送サービス タイ スポンサーリンク // LINE MANはバンコクから? LINEはタイで配送サービス「LINE MAN」なるものの提供開始したと発表。 サービスエリアなど詳細はまだ明らかではないが、おそらくバンコク中心になるのではなかろうか。 他の都市で可…

タイの狂犬病死者3人。やっぱり危険なんだな野良犬

4/22日 【タイ株指数 SETINDEX】は前日比-13.09ポイント 終値1410.81ポイント 値動きの大きかった5銘柄 PTTEP PTT JAS ADVANC AOT 大きく下がったとはいえ1400ポイント台を取り戻してるSET指数. 個人的にはBEMが大きく上がってるのでここいら辺で売って、も…

KT-シミコ証券でミャンマー株のことなどを(2016年)

KT-ZMICO証券(KT-シミコ証券)2016年 ユナイテッドセンターから再びリバティスクウェア BTSサラデーン駅 今回ひさしぶりにシーロムにあるKTシミコ証券に行ってきた。 目的 ミャンマー株に関すること SETHDという指数に連動する銘柄はあるのか 特に関心があ…

サイアムコマーシャル銀行(SCB)の通帳繰り越しをしにシーロムへ

リバティスクウェア シーロム(Silom) SCBの銀行通帳UP DATE さる10年ほど前、上階にあるシミコ証券で口座を開いた。その際に紹介状を書いてもらい、この同じビル一階にあるSCB(サイアムコマーシャルバンク)に口座開設しました。 口座開設も定期貯金もこ…

「マッカサン」再開発は商業と緑地化で

マッカサン再開発 マッカサン地区の広大な緑地。さてどう変貌するのでしょうか? 財務省案ではマッカサンエリアの開発をスムーズに進めるため、折衷案ではないですが商業開発と社会的目的のための公園等の開発の両者で入札を行うようです。 SRT(Stait Railw…

マッカサンコンプレックスが復活

Makkasan Complex 損失だらけのタイの国鉄の改善策としてビジネスセンター、運輸、通信ハブとしていわゆる「マッカサンコンプレックス」を開発するとのことです。 これは国策企業政策委員会がこの案に同意して発表になったようです。 ただ地域住民からすれば…