読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パタヤのインド・アラブ街を1時間ほど歩いてみた【タイ旅行】

SPONSOR LINK

パタヤのインド・アラブ街

 

パタヤでセミリタイア画像

前から興味を持ってたエリアである。バンコクだったらスクンビットソイ3がアラブ街として賑わってることは有名だ。

ここパタヤだと「このソイ」というよりエリアとしてまがっている。

 

そこへパタヤタイにあるトゥックコムITセンター脇より目指してみた。

 

SPONSOR LINK

 

 アラブ人街 場所

 

 

上記のポイントを中心に横はセカンドロード、縦はsoi17からウォーキングストリートへ続くエリアが大まかに行って、それにあたるかと思う。

 

ここら辺はアラブ及びインドなどの店や看板が目立ち、彼らの居住空間にもなっている。

 

あまり馴染みのないところだがそれ故に覗いてみたくなった。

 

 

トゥックコム(TUK COM)より入る

 

タイでセミリタイア画像

このITセンター、トゥックコムは パタヤのマーブンクローン的なものだろうか。

一階に飲食店・シャツ売り場などがあり2階にはスマートフォン売り場が控えてる。

ここまでは観光客も来るが、この裏はタイ人居住地域だ。

たまに長期滞在の外国人も見られるが、みな生活感を漂わせてる。

 

パタヤのアラブ人街

趣きが観光エリアとはかなり違う、徐々に深く入っていく。

セントラルフェスティバル付近には少々飽きが来てたので、こういう通りをほっつき歩くのは楽しいね。

 

時間のせいなのかあまり人は歩いていない。

 

パタヤのVCホテル画像

 VCホテル。迷ったらこういう建物から自分の位置を計る。

 

よくよく見るとインドっぽい色の方が強い気がする。いやヒンドゥー語もアラビア語も同じに見えて区別は付かないんだが、英語で「INDIA」って看板がチラホラとありインド色の方が強いのかなと言う雑感。

 

パタヤのアラブ人街

 

パタヤのアラブ人街

 

バンコクのスクンビットSoi3のような、もっと強烈なアラブ色があるかと思ったがそうでもなかった。

ただバンコクのど真ん中と比べて言ってもしかたがないが。

首都バンコクには仕事で来る人間も多いし、比較するのは適当ではない。

 

以前、夜に来たときアラブカフェではシーシャを吹かし、バーからは大音響でアラブミュージックが鳴り響いてた。 

これは半端ないボリュームだ! 鼓膜が破ける。

 

パタヤブログ画像

 アラビックバーやシーシャカフェのある界隈。ウォーキングストリートはすぐそこだ

 

多分夜には彼らは起き出すんだろう。

 

日が暮れればね。 まだお日様は高いから。

 

攻守交代するのかも知れない。

 

SPONSOR LINK

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村