読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイアムコマーシャル銀行(SCB)の通帳繰り越しをしにシーロムへ

SPONSOR LINK

リバティスクウェア シーロム(Silom)

SCBの銀行通帳UP DATE

さる10年ほど前、上階にあるシミコ証券で口座を開いた。その際に紹介状を書いてもらい、この同じビル一階にあるSCBサイアムコマーシャルバンク)に口座開設しました。

f:id:Skyfall:20160407171348j:plain

 口座開設も定期貯金もこの支店であったが通帳の繰り越しは出来ず

 

その時の通帳がいっぱいになり昨年パタヤの支店で<繰り越し>をしようとしたら「うちでは出来ない」との返事。日本だと同銀行なら<自動通帳記帳繰越機>に入れれば古いのと新しいのが出て来ると思うが、タイではちょっと違う。

 

いやもしかしたらタイでもどの支店でも出来るのかもしれない。ただ自分は出来なかった。

 

考えられる理由、それは

 

パスポート番号が変わった

 

恐らくそれが理由ではないかと思う。

 

パスポートを更新したら番号が変わり口座開設時と変り、それで「NO」と言われたように思う。

 

やはりそこは「外国人」。ちょっとややこしいのかもしれない。

スポンサーリンク

 

 

SCBシーロム支店

口座開設したシーロム支店に行ったら「3棟先のビルにある支店に行ってほしい。そこで出来ます」と。

 

礼を言い行ってみる。

 

f:id:Skyfall:20160412231509j:plain

 

ただ大きいビルが並び一棟の切れ目を見つけにくい。「3棟来たのかまだ2棟目なのか?」

さらにややこしいのがその両方のビルにSCBの支店があることだ。

 

取りあえず2棟目だろうと思われたがまずはそこから。

 

ただその支店は「PRIVATE BANK」の名が見える。「ここ、違うよなぁ・・」取りあえず入店。

静かな雰囲気。行員も心なしかベテランが多い。オレの来るとこじゃあなさそう・・

 

もしかしたらと思い若い行員がいる窓口へ。キョトンとしてる。隣りの先輩格の行員に尋ねPC叩くと合点が言ったらしく、「お隣の支店でご案内いたします」な感じで慇懃な態度で説明受ける。

 

一応シーロムの銀行に相応しいように長袖シャツと日本使用の靴なのでぎりぎりセーフってところかな。Tシャツの類いはあれだからね・・

 

 さて、

やっぱ違ったかという思いと共にちょい冷や汗が流れた。オレのわずかな口座残高も見られたし。

 

UNITED CENTER(ユナイテッドセンター)

9:45 2F(3棟目)

支店はここでも2階エスカレーター上がって右手に位置してる。オープン早々に来るのはせっかちのようで躊躇われるが、それでも8時前からシーロムでうろうろしてるので勘弁願いたい。

f:id:Skyfall:20160407172512j:plain

 上を何度も見上げビルの切れ目を探す。一棟が大きいので無用に歩くことになる

 

奥のカウンターに案内され

 

「通帳がいっぱいなので新しいのが欲しい」と告げると「イエッサー。パスポート プリーズ」と。

 

ここで間違いない。女子行員がコンピューターを叩き始める。

オレは男性行員が出した幾枚かのペーパーにサインをしつつ作業を見守る。

 

開店早々なので朝一番の客である。

 

最後に「間違いありませんか?」と尋ねてくる。

 

間違いなど見当たらないが思わせぶりな態度で隅々を見てOKを出す。

 

f:id:Skyfall:20160412232325j:plain

 左が旧パスブック。右が新パスブック。定期貯金通帳のデザインと同じだ。

 

かくして支店を転々としそれもシーロムの支店だ、ようやく新しい通帳を手にする。

 

見ると「定期貯金の通帳」と同じデザインに変ってた。

 

けどそれぞれ業務が違うとはいえこんなに近くに支店があるんだなと改めて気づいた。

さらに言うとその対面にも通常営業のSCBの支店がある。

スポンサーリンク

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村